月と太陽

RPGツクール(主にコンシューマ版)に関連した事をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツクールDS作品の感想④

【ダッシュレーシング!究極タイムアタック!+α】


ステージを時計回りに1周する時間を競うレースゲーム。ただし時間は自分でストップウォッチを使って計測する必要がある。全16面で、各面にジャンプ台や減速する森など、様々な工夫が凝らされている。逆から回ってもクリアは不可能。
さすがに自分でストップウォッチを使いタイムを計測する気にはなれませんでしたが、全面プレイすると行ける開発室で、作者様とテストプレイヤー様のタイムを見ることができ、これらを参考にタイム更新を目指すことも出来ます。
個人的にはオマケとして収録されているゲーム「モヤモヤ勇者」の方が面白かったですね。完全にネタでしかないギャグゲームだけど、そのくだらないギャグについつい笑ってしまいました。


【最後の魔女と愉快な仲間達 愛の魔法はフォーエヴァー】

マナを操作し魔法を使う魔女。決して人間と敵対していた訳ではなかったが、突如流れた悪い噂と王の命令により、魔女狩りが行われるようになった。そんな中、最後に残った魔女エティも魔女狩りの対象となり…。自作システム系RPG。
全5章で構成され、各話は普通のRPGパートとその後の迎撃パートに分かれている。ダンジョンは階層によってシンボルエンカウントと通常エンカウントに分かれており、各ダンジョンには個性やギミックが存在する。強力な敵は毒にする事で逃走させられるアイディアは親切だし斬新。時々仲間になる敵を迎撃に使用できるのも楽しい。
通常戦闘を上手に生かして迎撃パートを作っているのも凄い。適当に迎え撃つのではなく頭を使い工夫することが必要。システムが凝っているのに、ストーリーもしっかりと入れられているのも素晴らしい。
残念ながらいくつかバグがあるけれど、演出も良いし、データベース含め全体的に丁寧に作られていて、とても楽しいゲームだと思います。


【トリック☆ヴェスパ!! 学園探偵と謎の地下神殿】

喫茶店で働く美貌の少年セトは、満足に家賃も払えず困り果てた店主の為に学園の食堂でウェイトレスのアルバイトをすることになる。しかし、その学園で不思議な事件に巻き込まれ、事件の真相を追っていくことになる、推理アドベンチャー。
基本的に話は事件のきっかけとなるムービーシーンの後、様々な人に話を聴いて気になる言葉を追求したり色々な物を調べたりする追求モード、さらに追求が終わった後に事件の真相に迫るエンドパートがある。追求の度に主人公のHPが減少し、0になるとゲームオーバー。当然作中に登場する気になる言葉にはフェイクも存在するので注意が必要。
非常に作りこまれた世界観と、そして何よりトップレベルの自作絵が非常に目を引きます。事件や物語の構成、謎解きの完成度も高く、適度に頭を使うバランスも良いと思います。同作者様の過去作品とキャラクターや世界がリンクしているようなので、そちらをプレイしている人はより楽しめるかもしれません。


【きみの卒業証書 ~海岸の像の謎~】

魔法学校卒業を控えた数日前、急遽先生に呼び出される主人公達。そこで突然先生から告げられる。「君達の卒業証書を隠した。卒業したければ自分の卒業証書を見つけること」。かくして主人公達は島のどこかに隠された卒業証書を探す事となる、ほぼアドベンチャーなRPG。
街の人たちから情報を収集し、隠された卒業証書を探す事が目的。さらに島の海岸に存在する大きな像の謎も探っていくこととなる。ある程度探索を進めるとイベントが発生し、卒業証書を見つけると次の日に進む。期日はあるが発生するイベントの順番等は決まっているようで、特に焦る必要はなし。
一部戦闘もあり、ある程度お金を稼いであるキャラにとあるアイテムを渡すと、戦闘やイベントに関するヒントを貰うことも出来る。大きく頭を使うような部分はなく難易度は高くないけれど、探索には少々根気が必要かもしれない。
全体的にほのぼのとして爽やかな雰囲気の作品でした。


【魔法少女に憧れて~夢見る正義の使者~】

不思議な力を持った少女マイちゃんが町を守るために奮闘する魔法少女アドベンチャー。戦闘はコマンド入力型の自作戦闘で、威力の高い魔法ほど入力が難しくなっていく。
物語は全4話で構成されており、まるでアニメのような明るくコミカルな演出と個性豊かなキャラクターが織り成すストーリーは一見とても楽しそう…なのですが、その裏に重く厳しい事実が隠されている…という、意外にも結構ブラックな内容。魔法少女という題材を扱ってはいるけれども、あまり小さな子にはプレイさせるのはオススメできないかもしれません。
単純にイベントシーン+自作戦闘だけではなく、ちょっとしたギミックのほどこされたダンジョンを探索していくパートもゲームにほどよいアクセントを加えていて、プレイする楽しみを与えてくれます。
欠点らしい欠点がなく、システム・演出・ストーリーの全てが高い水準にまとまった凄い作品です。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/06(土) 21:11:07|
  2. RPGツクール 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツクールDS作品の感想⑤ | ホーム | ツクールDS作品の感想③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://amaterasuohkami.blog.fc2.com/tb.php/17-20d9b89c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アマテラス

Author:アマテラス
RPGツクールというゲームでゲーム作りをしています。他にも創作活動全般を趣味としています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RPGツクール 全般 (18)
RPGツクール 自作関連 (7)
RPGツクール 感想 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。