月と太陽

RPGツクール(主にコンシューマ版)に関連した事をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツクールDS作品の感想②

【さっちゃん~『生きる』ということ~】

夢の中で謎の少女と出会った女の子ゆうちゃんの不思議で悲しい体験を描いた、生と死がテーマのアドベンチャー。一部シンボルエンカウント・通常戦闘のあるダンジョンを進んだり、危険な霊を避けながら進んだりもするけど、基本的には見て楽しむムービーゲー。
ほぼ一本道だけど、高い演出力で重い話を丁寧に見せてくれる。そしてクリア後…というか作中で作者と出会うとオマケを見る方法を教えてくれるんだけど、物語の好きなシーンを見ることが出来たり、別エンドがあったり、ギャグシーンもあったりなどとても充実している。
話が重く暗いため、そこでかなり人を選びそうな作品。決して物語として明るく楽しいわけではないけれど、全体としてよく出来ているし、ひとつのゲームとして完成しているので、これはこれでありなんじゃないかと自分は思いました。


【ゴー!ゴー!ナイスガイ!吸引力の変わらない新兵器】

自称いい奴のダイチが魔王の開発した新兵器「人間掃除機」に吸い込まれそうになっている人たちを助けていくアクションゲーム。3つのプチゲームもついたとってもお徳なミニゲーム集的作品。同作者さんの別作品のキャラがゲスト出演しているらしい。
迷路を走り回り、なるべく早くスイッチにたどり着いて掃除機を止めることが目的。各面でプチゲーム追加等のオマケが増えるカードがあり、後で再プレイも可能。カードを手に入れたか、また各プチゲームがクリア済みかどうかなどを一目で見て分かるように作られている上に、それぞれのゲームにヒントまである楽しくて親切な作り。
プチゲームも本編もとてもよく作りこまれているし、何気にプチゲームにまでしっかりストーリーがあるのもいい。キャラも演出も良いし話の展開も意外に熱いし、ギャグも素晴らしい。
短時間で手軽に色々なゲームが楽しめる作品です。


【ボクは魔法少女キサラ 伝説の魔女の記憶】

魔法少女だけが暮らす街で起こった女の子の行方不明(神隠し)事件を解決すべく、ギルドから派遣された男の魔法使いが女装して街に潜入し魔法少女キサラとして事件解決にあたる、ダンジョン探索型RPG。DPコンテスト作品の修正・ストーリー追加版。
主人公のキサラがレベルアップではなく戦闘をすることで新たな魔法を閃くシステムが新鮮で面白い。前編と後編で別れているがこれが結構ボリュームがあり、特に後半の三つのダンジョンはそれぞれ違ったギミックで凝っている。敵もただ倒すのでなく、一部のボスは倒すために工夫が必要で、分からない場合はヒントもある。
テキストやテロップ、高めの難易度など気になる点もありますが、いわゆる男の娘が好きな方や魔法少女が好きな方などにオススメの作品。


【亡星少女 -Lost Tribe-】

未来の地球で遺跡発掘を行う学者の主人公が、遥か昔に滅びたという人間の少女と出会う。そして彼は少女を守りながらこの星の失われた歴史を知ることになる。ストーリー重視のSFRPG。街はなく、ひたすらダンジョンを潜っていくタイプのゲーム。
仲間のレベルが高く、アイテムや特技の効果が高いが、きちんとそれに合わせたバランス調整が施されている。一度に出てくる敵の数も少なめで、ダンジョンの構造も分かりやすい。アイテムや特技の説明も分かりやすく、全体的にストレスフリー。演出も丁寧で、中でもOPとEDの演出が個人的に気に入りました。
特に面白いと思ったのが、全ての宝箱で仲間同士のやりとりと手に入れた装備品の説明がある所。どんなアイテムかが分かりやすく、キャラクター同士の掛け合いや関係性、キャラの掘り下げに成功している。文章も丁寧でよく考えられているし、全体的な雰囲気が自分の好みでした。


【どりもん! どり~みんぐ☆もんすた~】

友達に誘われゲームショーに遊びに行った女子高生が、ゲームの体験版をプレイした途端に不思議な世界へと迷い込んでしまい、捕まえたモンスターを2体一組で戦わせるモンスターバトルをするハメになる。元の世界に戻るため大会での優勝を目指す自作戦闘RPG。
特に気になる部分もなく、演出がしっかりしているし話も短いけどコンパクトにまとまっていて、なんとなくほのぼのとした雰囲気。
自作戦闘はあまり見ないシミュレーションタイプで、駒となるモンスターを動かし敵モンスターを攻撃する。動かせる範囲は広くないけど、モンスターの種類によって攻撃範囲が違うし、敵の動きを見ながら戦うのは斬新で面白い。通常戦闘でモンスターを捕まえて使えるのも楽しいし、どちらも難易度は易しい。
いざという時のために、使用する事で初めからやり直したり勝って進めることが出来るアイテムがあったのは非常に嬉しかった。自作戦闘の説明も丁寧で分かりやすい。
全体的に丁寧で安心できる作りだし、斬新で複雑なシステムは見る価値があると思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/04(木) 21:53:06|
  2. RPGツクール 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツクールDS作品の感想③ | ホーム | ツクールDS作品の感想①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://amaterasuohkami.blog.fc2.com/tb.php/15-88b77e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アマテラス

Author:アマテラス
RPGツクールというゲームでゲーム作りをしています。他にも創作活動全般を趣味としています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RPGツクール 全般 (18)
RPGツクール 自作関連 (7)
RPGツクール 感想 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。