月と太陽

RPGツクール(主にコンシューマ版)に関連した事をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツクールDS+で制作した自作品について②

今回は更に他のツクラーさんとの合作で、「レッツ恋愛アドベンチャー」というゲームの月島霞編のお話を担当させていただきました。
この作品については、クリアメッセージを利用した恋愛の短編ストーリーというテーマのもと、それぞれのシナリオを各人が独自に製作しました。
ちなみにこのクリアメッセージの仕様に気づいてそれを生かしたゲームを作ろうと最初にアイディアを思いついたのは、片桐彩瀬編と小邦美奈子編を担当したいぬマッサンさんです。前作で氏が製作しためっちゃヒロインタイムでの放射線のアニメーションといい、こういったゲームの仕様を上手くゲームに取り入れる発想は本当に凄いなぁと感心します。

さて、自分が担当した月島霞編についてですが…実はこのお話、もともとはかなりの長編となってしまった奥州霊戦記の後で気分転換に製作しようと思っていた短編のアドベンチャーゲームのお話を流用しています。事前に設定や話のあらすじを考えていたものを、このゲーム用に余計な部分を端折ったりアレンジしたりして製作しました。そのために製作自体はかなりスムーズで、自分の分担部分については二日ほどで完成させる事ができました。ただ、そのために他のお話と比較してプレイ時間が長めになってしまったのはちょっと申し訳なかったかなぁ…と思います。

ゲームに収録された他のお話と比べるとかなり真面目なラブストーリーとなっていますが、実はこれ、事前にいぬマッサンさんとだいこんさんのお話をプレイしてから製作しています。お二人の担当したお話がギャグ色が強かったりかなりひねりの加わったものだったので、自分はあえて毛色の異なる雰囲気にしようという事であのような感じになりました。
月島編だけ唯一ストーリー中に選択肢が現れ、それにより結末が分岐するようになっていますが、あれは二つのエンディングを思いつきながらラストをどちらかひとつに絞る事が出来ず、結果あのような形になりました。ちなみに「恋愛アドベンチャー」というタイトルなんだから恋愛アドベンチャーらしい部分(プレイヤーが介入できる部分)がないと…という思いも密かに込められていたりします。

作中のキャラクターの名前の由来について。主人公のアキラは、作中には登場しませんでしたがフルネームでは日野明という名前に設定されています。その名の通り太陽のように明るく元気というイメージですね。ヒロインの月島霞は、優しくも儚げに夜空に光る、太陽と対となる存在の月から…そしてアバター=実態のないもの、その手に掴むことが出来ないもの→霞、という連想でつけました。ヤスはなんとなく軽いノリと親しげで呼びやすそうな響きから。

完全にそれぞれが独立したお話を皆で別々に作っていたので、あまり協力して~とか共同で~という感じではありませんでしたが、ツクールで他の方との合作という事でとても興味深い経験でした。


そして、ネイガーコンテストに投稿した「劇場版超神ネイガー VS鬼神ギーガー」。
この作品は、”出来るだけネイガー素材を沢山使用する”こと、それから”ネイガーらしさを生かしつつ、王道のヒーローもの”を…というテーマで製作しました。

ツクールでコラボするまではネイガーの事は一切知らなかった上に、そもそもヒーロー物自体あまり詳しくなかったのですが…ネイガーの事や秋田の事を色々と調べていくうちにアイディアが湧いてきて、少しずつ形になっていきました。自分自身作りながらストーリーがいかにも劇場版っぽい内容だなぁと感じてタイトルに劇場版と冠してみました。丁度プレイ時間も1時間30~2時間ぐらいになりましたしね。

時間の関係で作りこみが足りなかったりバグがあったりしたのは本当に残念でしたが、とりあえずゲームとして形に出来たのは良かったですね。
なお、この作品についてはネイガー(だじゃく組合)のUSTREAMで配信中のネット番組「おにぎり、あめでますか?」にて丁寧に紹介していただきました。紹介やプレイ映像にとどまらず、なんとネイガー素材を製作したカドッチさんに台詞をアテレコしていただきまして…本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


これまで作った作品にはどれも色々と悔いが残る部分や至らない部分も多いですが、プレイした方に少しでも楽しんでいただけたなら嬉しいです。プレイしていただいた皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 22:30:00|
  2. RPGツクール 自作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツクールDS作品の感想① | ホーム | ツクールDS+で制作した自作品について①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://amaterasuohkami.blog.fc2.com/tb.php/13-861371b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アマテラス

Author:アマテラス
RPGツクールというゲームでゲーム作りをしています。他にも創作活動全般を趣味としています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RPGツクール 全般 (18)
RPGツクール 自作関連 (7)
RPGツクール 感想 (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。